BLOG

  • BLOG

長持ちするカットの理由をご紹介致します。

お客様に喜んで頂くためにディアリウムではカットの技法にこだわりを持っています。

 

 

始めにお客様からのお褒めの言葉をご紹介させて頂きます。

 

自宅で再現が簡単にできる!

 

カットの持ちがすごくいい!

ツヤが保てる! 

クセのまとまりが良くなった!

 

髪が伸びてもまとまる!

 

長さを変えてないのに指通りが良くなった!

 

 

などなど嬉しいお言葉を沢山頂いております!

 

 

理由はドライカットで髪の毛のクセを見ながらお客様とイメージを共有してカットしているからだと私共では理解しています。

 

 

そして、髪が伸びた事を計算してカットすることで長持ちします。

 

また髪は地肌から立ち上がってCカールを描きながら内巻きに入りたいという性質を持っています。

そして、短い方から長い方へと流れ、短い髪を包み込んで内巻きになります。

 

この性質を利用してクセを抑えたり活かしたり、ご要望に沿える様にカットをしています。

 

髪が普段どのような状態でいるのか?

ということと、

カットしたらどのようになるのか?

ということ。

 

毛流れや生えグセやボリュームやシルエットや長さの変化。

それを見極めながら切るために乾いた状態でカットを行います。

 

 

髪の毛は一人一人髪質やクセなども違いますし、ご要望も様々です。

そんなご要望に的確に細かくお応えできるようにドライカットを行っています。

 

濡れた状態のカットと比べてカットの経過をお客様ご自身も見易いので雰囲気の確認もし易いことも重要なメリットです。

 

 

髪は乾いた状態でスタイリングされます。

濡れた状態ですと、クセの出方や長さや質感。

ボリュームやシルエット等も乾いた時をイメージしてカットすることになり、考え方によっては曖昧になりかねない行程です。

 

洋服を作る場合、生地を裁断するときに濡らさないのと同じように、髪も濡れていない状態の方が素材の性質が見えやすい。

 

反対に髪を濡らして切るメリットは、切る側の切りやすさです。

髪がまとまり、クシに髪がまとわり付き易くコーミングしやすいというところです。

髪が乾いた状態では、濡らして切る時より高度なテクニックが必要

です。

 

当たり前の様に濡らして切るという行程が仕上がりのイメージを解りにくくしてクセや長さや質感の調整もしにくくしているのです。

 

 

乾かしてみると何だかイメージが違ったという経験はありませんか?

ディアリウムでは、ご自宅での再現性やご希望のデザイン性を最優先するために、修得するのが困難なドライカット技法をあえて遠回りしてスタイリスト全員が取得しています。

 

 

常に乾いた状態でカットしているため、お客様もイメージしやすく、カットの途中過程で質感や長さの調整も可能です。

 

 

そんな様々なカットへのこだわりやお客様への想いが私たちディアリウムのカットテクニックを支え、お褒めの言葉を、多く頂くことに繋がっているのだと思います。

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

ヘアリゾート ディアリウム

http://dearium.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

住所:東京都町田市原町田4-12-19 ネオマイム町田ビル1F

TEL:042-727-3803

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

引用元:長持ちするカットの理由をご紹介致します。


Pickup Menu